もにょめも

ここはワイの雑記帳

2017/10/14 開館10周年・鉄道博物館に行った

2017年10月14日(鉄道の日)にちょうど開館10周年を迎える鉄道博物館へ行きました。

ゆき

快速おさんぽ川越号

快速おさんぽ川越号は川越まつりにあわせて、千葉県茂原から埼玉県川越までを武蔵野線経由で運行する臨時列車です。
ぶっちゃけこれに乗らなくても大宮行けるといえばそうなのですが、妙ちくりんな臨時列車に乗るというエクスペリエンスが大事なのです。

【2019年追記】特定の観光地へ向かう臨時列車に乗って、その列車の目的地以外で降りることはおすすめしません。あんまりよくないです。

車両はE257系500番台5両。房総特急としておなじみの車両です。
車両は特急型ですが種別は快速、乗車券+指定券520円で乗れます。

普段はお下がり通勤型ばかりの武蔵野線に臨時快速とはいえ特急型が走っているのは新鮮。

ちょうど先月に宇都宮で停車中の四季島に遭遇したばかりなのに2度めの遭遇。
慌てて撮ったのでぼけぼけです。

大宮駅

大宮駅に着きました。
ここから鉄道博物館まではJRの改札を出て、ニューシャトルで1駅だけ移動します。

途中の通路に開館10周年を祝うシートが。

鉄道博物館

鉄道博物館といえばこのアングルでしょうか。

転車台の上にいるのはムーミンことEF55形電気機関車
今日はこのEF55が転車台実演でぐるぐる回されるようです。

転車台実演

鉄道博物館の目玉の1つでもある転車台実演。でも今回はゲストがいるようで…。

群馬県のマスコットキャラクター・ぐんまちゃんが来てくれました。
服も機関士仕様です。ここから下は回転するEF55とぐんまちゃんを動画でどうぞ。

平成6年生まれのぐんまちゃん(2代目・旧ゆうまちゃん)は今年で生誕23年。
公式サイトの設定上は7歳らしいが…。

お昼ごはん


新幹線車内でなくともシンカンセンスゴイカタイアイスは買えます。

その他展示等

はじめて鉄道博物館に来たときに見逃したという200系新幹線の連結器実演。

駅名標って写真撮って集めたくなりますよね。それが変なものならなおさら…。

映画「新幹線大爆破」、見たいとは思ってるけど機会がない映画の1つ。

転車台実演の時とぐんまちゃんの衣装が違います。芸が細かい。
なおこの日は群馬県のぐんまちゃんのほかに、深谷市ふっかちゃんが来てそれぞれの観光PRを行っていました。ぐんまちゃんのお面が配布されており、館内はそのお面をつけたちびっこでいっぱいでした。

さらにSuicaのペンギンもいるはずでしたが、時間帯が悪かったためかお会いすることが出来ませんでした。

この日行われていたスタンプラリーの特典です。本来のクリア特典は103系消しゴムだったそうですが、これはこれでアリ。

ミニ列車運転

大の大人が1人でやるのは気が引けるアトラクションNo.1[要出典]のミニ列車運転体験。前回はスルーしたが今回は連れがいるのでレッツトライだ!

乗車できる車両はランダムです。運良く当たった車両はEF55でした。各種操作レバーも電気機関車っぽく作ってあってなかなかよい感じ。

かえり

鉄道グッズショップ「RAILYARD」

大宮駅に鉄道系のショップがありました。
面白かったのでまた行きたいです。超エモい。

制限解除標識です。エモい。

速度制限解除標識
速度制限のある区間が終わる地点を示す標識で、一般的に速度制限区間が100m以上ある場合に設置される。編成を構成する車両の後端がこの標識を通過した時点で、速度制限が解除される。

鉄道標識 - Wikipedia

快速おさんぽ川越号

帰りも快速おさんぽ川越号に乗ります。

大宮駅で峠の釜めしを買いました。かなりおいしいです。
自分の中での駅弁ランキングも結構変動しました。あとは陶器の処理がなんとかなれば…。(最近は紙容器のものもあるそうです)

戦利品

 

これは館内で配布していた10周年記念の硬券。その場で入鋏してもらえました。