もにょめも

ここはワイの雑記帳

2018/07/28 ブルーオーシャン外房号で行く鴨川シーワールド

2018年7月21・22・28・29日に運転された臨時快速ブルーオーシャン房号に乗って、鴨川シーワールドへ行ってきました。

ゆき

快速ブルーオーシャン外房

臨時快速ブルーオーシャン外房は大宮駅から武蔵野線京葉線外房線を経由して安房鴨川駅へ向かう臨時列車です。リゾート那須野満喫号とは違って、南流山や東松戸、新八柱にも停車するのがポイント!

今回の旅はここ南流山駅からスタート。夏なので青春18きっぷを使っていきます。
ただこの日は台風12号が接近中、駅の放送でも「帰りは運休になるかも~(意訳)」といったアナウンスがなされ、ちょっと不安な中で列車に乗り込みます。

車両は185系全車指定6両で、安房鴨川方面先頭が1号車、大宮方面が6号車です。
外房へ行くのは初めてですが、海が見えるといいなあという思いから海側の席を取っておきました。A席B席が海側です。

流山や松戸では雨が降っていましたが、徐々に天気は晴れていきます。
勝浦駅を過ぎたあたりから海がちらほら見え始めました。紛うことなき太平洋です。

後から地図で確認するとこのあたり何箇所か海水浴場があるのでどれかはわからないですがとりあえず砂浜です。

安房鴨川駅

南流山駅から約2時間半、終点の安房鴨川駅に着きました。

ここは改札をでてすぐの東口で、無料送迎バスは跨線橋を渡った西口バス停から出ます。実は乗り換え時間が5分しかなく、ちょっと早足でバス停へ向かいます。

鴨川シーワールド

着きました。鴨川シーワールドです。

エコアクアローム

 

オーシャンスタジアム

シャチショーを見に来ました。
説明によると情け容赦なく水がかかるとのことで、怖気づいて後方の立ち見席にしました。

情け容赦ないですね。

レストラン「オーシャン」

さっきショーをしていたシャチを窓から見ながら食べることができるレストランです。
シャチショーが終わり次第すぐ来たこともあって、運良くシャチが見える席を確保できました。

エビの風味を強く感じる伊勢海老カレーでした。お皿のごはんはシャチをイメージして盛られたものでしょうか。

ピリカの森

北方領土エリカちゃんエトピリカのキャラクターです。

北方領土イメージキャラクター「エリカちゃん」 | 独立行政法人 北方領土問題対策協会

イルカの海

特に何もしてないのにビュンビュン跳んでました。サービス心旺盛ですね。
しばらく観察してるとイルカの中でもジャンプスポットがあるのか、特定の場所でよくジャンプしていることに気づきました。ここを押さえておけば写真や動画を撮りたい時に役立つかも。

めっちゃ近づいてきてくれます。

さて、このあたりから徐々に天気が怪しくなり、雨が降り始めます。

セイウチの海

さっきまでエサタイムだった35歳のオスセイウチが何故か水槽に顔をこすりつけてました。これはサービス心旺盛なのか…?

マリンシアター

さいごはベルーガシロイルカ)のショーです。
目隠しした状態で障害物を避けてたり(エコーロケーションの実演)、バブルリングを作ってくれたりとかなり賢い動物みたいだね。

有料でベルーガと触れ合えるサービスもあると知りましたが、それを知ったのは帰りのバスの中…。次に来ることがあればベルーガのぷにぷにおでこを触ってみたいと思います。

メロンは多くのハクジラ亜目のクジラ(イルカを含む)の頭部のほぼ中央にある脂肪組織である。メロン体とも呼ばれる。

メロンの機能については完全には解明されていないが、反響定位エコーロケーション)の際に音波を集中する器官であると考えられている。

メロン (動物学) - Wikipedia

かえり

14時を過ぎたあたりから風雨がかなり強くなり、イルカショーは諦めて帰りのバスを待つことにしました。突風に煽られて傘は壊れるし、やはり台風には勝てない…。

当初は運休かもと言われていた帰りのブルーオーシャン房号ですが、無事に運転されるようです。

これがなんで写真じゃなくて動画なのかというと先頭の6号車が停まる場所にはホームに屋根がなく雨に濡れるからです。

回送から臨時への幕回しを眺めてましたが、途中にホリデー快速鎌倉で使われていた臨時快速(赤文字)もありました。ブルーオーシャンも臨時快速といえばそうなのに臨時表記、一体何が違うんでしょうか。

Twitterで検索かけると台風を危惧して指定券を払い戻している人を何人か観測しました。案の定乗客は少なく、1両だけみても両手で数えられる人数の客しか乗ってきてませんでした。